2009年2月16日月曜日

Relevo de la manana

Relevo de la manana(レレボ デ ラ マニャナ:朝のリレー)

カムチャツカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ  

                             谷川俊太郎

はじめてであったのは、中学校の教科書だったと思う。
ただただ当り前の事実を前に不思議さを感じたのを覚えている。
なぜか私の中で、カムチャツカの若者は朝方新聞配達をしていることになっていた。朝で連想したらしい。単純な解釈しかできない私だ。
改めて読み返したのは働き始めてから。ひとつの地球に生きる大きな家族のひとりの私に出会った。

そして、いま。
青色の世界が一瞬一瞬色をかえて白々してくる朝方、
いく種類もの鳥たちの鳴き声だけに耳を澄ますことができる朝。
眠る前のひととき、灼熱の太陽のもと日に日に褐色する皮膚に
ひんやりとした風がそよぐ。
この詩をベッドの中で味わうことができる大事な静かな時間だ。
そこには強い香水の香りもない、大音量のラテンの曲もない。

コスタリカと日本の時差は15時間。
日本にいるみなさんは、私の未来を生きているのでしょうか。

4 件のコメント:

スプラウト さんのコメント...

わぁ、朝のリレーだ!なんかとてもうれしい(笑)
子供の頃、「カムチャッカ」ではなくて「カムチャツカ」なんだなぁと変なところで感心したことを思い出す・・・

朱民さんは1日の始まりの朝にいる頃ですね。
私は1日の終わりにこれを打ってます。
しみじみ感じる不思議。
地球が透明なら、私は朱民さんを足の裏から眺めることになるような場所にいるわけか。。。
分からなくなってくる。


同じ谷川俊太郎でとても好きなのをひとつ。
これもあまりに有名ですね。

朝のリレーが命のリレーであり、幸せや喜びや笑顔のリレーが1つでも増えますように。


「生きる」

生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまがすぎてゆくこと

生きているということ
いま生きてるということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということ
あなたの手のぬくみ
いのちということ

bossabosa さんのコメント...

お久しぶりです。楽譜を送らねばと思いながらセカセカした毎日を過ごしております。私もあけちゃんと同じ頃でしょうか、この詩に出会ったのを記憶しています。その時はじめて地球を客観視し、何かしらハッとしたのを覚えています。ということでおはようございます。私はそろそろ寝ます。

キリン さんのコメント...

日本では豚インフルエンザで大騒動ですが、そちらはいかがですか?

あと就職していま東京にいます。

朱民 さんのコメント...

>スプラウトさん
「カムチャツカ」なんですね。訂正しました。
生きるの詩は読むときの状況で幾重にも味が出てくる詩ですね。ありがとう。

>bossabosaさん
なんだかんだでもう6月。今日もごくろうさま。

>キリンさん
東京に就職キリンさん、おめでとうございます。よかったらメールください。
遅ればせながらの報告ですが、コスタリカ国内インフルエンザの動揺は少なかったです。薬局を始め公共施設に手荒いの手順が書かれた紙が一斉に貼られるという動きはありましたが。地方でマスクをしている人にはたった一人もあいませんでした。メキシコにほど近いコスタリカで、日本の報道に驚かされました。協力隊では、メキシコの隊員が強制退去勧告が出て、一時帰国をしていましたが、来週で最終グループがメキシコに戻れるようです。